So-net無料ブログ作成

アジアの平和 ⑦インド、パキスタンの核兵器保有の経緯 [平和外交]

 新冷戦の脅威を踏まえつつ、アジアひいては世界に平和をもたらすために、日本は何をしたらよいか。前回の、「中国の非核化」に続いて、インド、パキスタンの非核化ついて考えてみよう。

 

1.インド、パキスタン分離独立の経緯

 1947年、多くの植民地を支配した大英帝国のイギリス領インド帝国が瓦解し、インド連邦とパキスタンの二国に分かれて独立した。

インドはヒンドゥー教徒が多く、パキスタンはイスラム教徒が多い国になった(コラム参照)。

両国の取り残された少数派教徒が、強制移動などで1千万人以上が難民化し、暴動、虐殺、報復の連鎖が起きて、死者数は100万人に達したという。非暴力を説いたガンジーが暗殺される事件もあった。

大英帝国の没落を象徴するこの独立は、印パ分断と呼ばれている。後に、パキスタンのうち、飛び地の東パキスタンが、バングラデシュとして独立した。

 

2.インド、パキスタンの戦争

 最後まで帰属先を決めかねていた、カシミールの帰属をめぐって、印パ戦争が1947年、1965年、1971年の3度にわたって戦われ、いまだに解決していない。しかも、両国の対立はインドの核開発と、それに対抗するパキスタンの核開発という、国際政治上重大な結果を招いた。

 

3.インド、パキスタンの核兵器保有

 インドは、1974年と1998年に核実験を実施し、6番目の核保有国になった。パキスタンに対する示威行為であったと言われている。

 パキスタンは、インドに対抗して、1998年に核実験を実施し、7番目の核保有国となった。パキスタンの核開発には、北朝鮮、中国、そして日本企業の関与が疑われている。

 

4.インド、パキスタンの非核化戦略(後述)

 

5. まとめ(筆者コメント)

①欧米の苛烈な植民地支配に苦しむアジア各国に対し、日本は太平洋戦争を通じ、身を呈して独立を支援したと主張する人がいる。結果的に応援になったが、動機は国益の追求であったと思う。

 

②印パ分断の際、ガンジーは「イスラム教徒に寛容」で、「非暴力・不服従」を唱え、これに反対した狂信的なヒンドゥー教徒に暗殺された。インドでは、その後も、暗殺者を崇拝する動きや、不寛容が広がっているようだ。

 

③「非暴力・不服従」を唱え、断食するガンジーは立派だが、今の国際情勢では、自衛権まで放棄すべきではないと思う。自衛権は国際法でも認められた国家の権利である。

 

コラム1 南アジアの宗教信者数(億人)と構成比(%) ・・・ecodb.net 2018

南アジアの宗教

人口(億人)

ヒンドゥー教 

イスラム教

キリスト教

その他

インド

13.3

79.8

14.2

2.3

3.7

パキスタン

2.0

1.5

97.0

1.3

0.2

バングラデシュ

1.6

9.2

89.7

 

1.1

 


コラム2  世界の宗教信者数(億人)と構成比(%) ・・・Yahoo 2016

 

世界の宗教

信者数

構成比

 

世界の宗教

信者数

構成比

キリスト教

22.0

30.1

 

仏教

3.8

5.1

イスラム教

16.0

22.0

 

ユダヤ教

0.2

0.2

ヒンドゥー教

10.0

13.7

 

その他の宗教

6.0

8.5

儒教・道教

4.0

5.4

 

無宗教

11.0

15.0

 

 

 

 

人口合計

73.0

100.0


IMG_20181111_3.jpg


nice!(3)  コメント(1) 

nice! 3

コメント 1

majyo

恥ずかしながら、印パのこういう歴史を知らなかったです
本当に無知でした。
ガンジーの非暴力・不服従は有名ですが自衛権まで放棄したのですか
by majyo (2019-01-05 18:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。