So-net無料ブログ作成

新冷戦の脅威 ②米中バトル [平和外交]

 米ソ冷戦が終わったと思ったら、また、新しい米中新冷戦が始まった。前回のブログで述べた、中国の覇権的な挑戦に対し、米国から厳しい反撃が開始された。米中バトルの現状を見てみよう。

 

1.米中の貿易バトル

 今年3月、米国は、鉄鋼25%、アルミニューム10%の関税措置を発動した。相手は、中国、日本など、多くの国が対象となった。これとは別に、中国の対米貿易黒字が突出して大きいことから、下記のような米中貿易戦争が行われている。

 

2018

米国の関税措置

/億ドル

中国の対抗措置

/億ドル

76

半導体などに25

340

2回に分けて

報復関税25

 

500

823

化学品など 25

160

924

日用品など 10

2,000

液化天然ガスなど

600

合計

     

2,500

 

1,100

  注)米国は、中国が報復すれば、制裁をさらに2,670億ドル追加するとしている。

 

2.米中の安全保障に関わるバトル

米中の安全保障などに関わる、最近の主な紛争は下表のとおりである。

 

項目

中国の措置

米国の措置

南シナ海

中国の駆逐艦が、米駆逐艦を追跡し、40mに異常接近

ペンス副大統領が抗議声明発表。

航行の自由作戦を続行。

南・東シナ海

米強襲揚陸艦「ワスプ」の香港寄港を拒否

米戦略爆撃機B52、南・東シナ海を飛行

ZTE制裁

ZTE(中興通訊)が製品や技術のイランへの禁輸措置に違反

ZTEとの商取引を7年間禁止

(ZTEは8千億ドル減収)

プロパ

ガンダ

中国メディア企業が、農業州であるアイオアの新聞に下記広告を出した。「米中貿易が相互利益をもたらす」

米国の選挙を操作する意図を持った、プロパガンダ広告と認定。

制裁検討中。

 

3.まとめ(筆者コメント)

①日米首脳会談(925日)の共同声明で、「非市場型の政策や慣行から日米両国の企業と労働者をより良く守るための協力を強化する。」と発表された。

対中貿易戦争に日本も参加せよと要求されたわけで、これからの対応が難しい。

 

②米中バトルで、いま、日本外交にまたとないチャンス到来。米中の調整役を買って出よう。

 

③日中は、何でも言える親友の関係になろう。

 

④日米は、時間をかけて、遠い親戚の叔父さんと甥のような関係を築いていこう。

 

追伸:軽い脳梗塞で、左手が効かなくなり、2週間入院し、今はほぼ回復しました。

投稿のペースダウンをお許しください。

 

IMG_20180923_3.jpg

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

majyo

日本外交のまたとないチャンスですね
調整役に!

最後にビックリしました。更新が無いなあとは思っていました。
どうぞ無理なさらないでください
これをまとめるのは本当に大変だと思います。

by majyo (2018-10-29 16:20) 

外交に物申す会

majyoさんへ
いつも的確なコメントありがとうございます。
軽い脳梗塞で助かりましたが、1度あることは2度あると言います。大きな病院で頸動脈のカテーテル検査を受けるつもりです。
なにせ、86歳にもなると故障だらけです。majyoさんもご自愛ください。
by 外交に物申す会 (2018-10-29 20:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。